滝の湯(宮城)

滝の湯(宮城)

東北温泉情報なびトップへ

鳴子温泉 滝の湯

 鳴子温泉は、その昔835年、潟山が大爆発して轟音を上げて噴出したことから「鳴郷の湯」またはは「鳴声(なきご)の湯」と命名された説があります。

 飯坂温泉、秋保温泉とともに奥州3名湯と呼ばれています。

 日本にある温泉の11種類のうち9種類が鳴子温泉にはあります。

 鳴子温泉卿は源泉数が多く、各旅館それぞれが独自の源泉を持っています。アクセスも東北自動車道古川ICから約30kmととてもよいです。また、東北の中心都市仙台からも高速バスが運行していますし、高速バスでの所要時間は1時間半ほどですので非常にアクセスにはすぐれた温泉地だと思います。ですから、鳴子温泉は温泉三昧が楽しめるところということになります!

 鳴子温泉でも日帰り客も多い公共温泉、鳴子温泉滝の湯についてのご紹介です。1636年に建てられた鳴子温泉郷で最も古い温泉です。

所在地
 〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉湯元

日帰り温泉
 時間 7:30〜22:00
 入浴料金 大人150円 子供100円

問い合わせ先
 鳴子総合支所観光建設課
 TEL 0229-82-2026

源泉名
 町有下地獄混合源泉・温泉神社硫黄泉 混合泉

泉温
 46.2℃ pH2.8

泉質
 酸性-含硫黄-ナトリウム・アルミニウム・カルシウム-鉄(ll)-硫酸塩泉(硫化水素型)

効能
 切り傷、やけど、動脈硬化症、高血圧症など

 鳴子温泉「滝の湯」が開いている時間は朝7時半から夜は10時までです。日帰り客や他の宿泊客でにぎわう共同浴場です。源泉かけ流しで、浴場はきれいです。

 鳴子温泉「滝の湯」は駐車場はせまいので、上の温泉神社境内に駐車するのが良いと思います。

 鳴子温泉「滝の湯」隣に駐車スペースらしい広さのところもあります。そこに駐車したのですが、温泉裏側の方には源泉から引いてきたパイプが見えました。

 浴槽は二つあります。奥の浴槽はややぬるく、打たせ湯が落ちています。入り口側の浴槽は大きめで、お湯も熱めです。お湯は源泉かけ流しですから、清潔感があります。

 あまり広くないけどしっかり浸かれるところや、入り口の雰囲気、打たせ湯の勢いの感覚などがなんとも温泉好きにはたまらない具合になっています。鳴子温泉「滝の湯」、その入浴料金はわずかに150円(!)で、料金の支払い方ですが、入浴券を券売機で買って番台さんに渡すやり方です。

 鳴子温泉「滝の湯」には、地元の方も多く訪れます。お湯は白濁ですが見た感じでは少し青っぽくもみえました。湯の花も見えますが、清潔感たっぷりです。洗い場は一人分のスペースがあります。洗うときは浴槽が近いので他のお客さんの迷惑にならないよう少し注意が必要です。共同浴場としてとても魅力あるお風呂です。

 打たせ湯を少し手ですくって、味見してみると、レモンのような味がしました。酸っぱさがわりと少ないようにも思いました。お湯の色ですが、泉質が混じっていたり、鳴子温泉郷全体でも9種類の泉質があるということで、それぞれ違いがあるそうです。

 鳴子温泉は、温泉三昧にはちょうど良い温泉地です。

東北温泉情報なびTOP

ふろパパの読み物

温泉読み物〜初級編〜
温泉読み物〜中級編〜
温泉読み物〜上級編〜
温泉読み物〜場外編〜

ふろパパって?

リンク集

掲示板

愛用機紹介!

↓サイト内の検索はこちらから↓

〜青森県〜

〜秋田県〜

〜岩手県〜

〜宮城県〜

〜山形県〜

〜福島県〜

〜群馬県〜

〜埼玉県〜


TOPページ

温泉読み物〜初級編〜【日帰り温泉】【源泉にこだわる】【温泉の泉質】【温泉の効能

温泉読み物〜中級編〜【湯治】【温泉宿】【温泉宿泊予約のコツ】【温泉の浴衣

温泉読み物〜上級編〜【絶景の温泉】【秘湯めぐり】【美人の湯】【野湯

温泉読み物〜場外編〜【銭湯と温泉】【スーパー銭湯】【温泉卵】【岩盤浴】【眠気を覚ます】【温泉ランキング】【カーナビと温泉

Copyright (C) 東北温泉情報なび  All Rights Reserved