温泉卵

温泉 卵

東北温泉情報なびトップへ

温泉卵とは

 簡単温泉卵の作り方(裏ワザ〜伊東家の食卓より)

 簡単温泉卵の作り方(炊飯ジャー使用)

 辞書によれば、温泉卵とは、次のようなものだそうです。

 卵黄は固まり、卵白は軟らかいゆで卵のこと。65〜68℃の湯に 30分程度漬けておくとできる。
 この温度の温泉なら簡単に作れることからこの名がついたといわれています。

 私は、温泉卵とは温泉のお湯や蒸気で作るゆで卵のことだと思っていましたが、低温のお湯で作るゆで卵のことを温泉卵と言うんですね。必ずしも温泉で作らなくても、温泉卵と言うことに少々不思議な感じがします。

温泉卵は逆半熟卵

 ラーメン屋さんで麺の上に載っているゆで卵は、半熟卵です。白身が完全に固まっていて、黄身が半熟。

 それと反対なのが温泉卵です。黄身が固まっていて白身が半熟です。

黄身か、白身か

 では、どうしてこの、白身と黄身の半熟の違いが起こるのか。卵の黄身だけを固くしたり、白身だけを固くしたりできるのはなぜなのでしょうか。これを最初に発見した人はすごいと思います。

 黄身と白身の硬化する温度が違います。その違いを利用することで、温泉卵や、半熟卵を作ることができます。

 卵白は、約60℃から硬化し始め、約80℃で完全に硬化します。

 対して卵黄は、約60℃から硬化が始まり、約70℃以上で完全に硬化します。

 なので、卵全体を70℃くらいに保つことで、黄身は硬化、白身が半熟の温泉卵が、簡単に作れます。

 また、半熟卵の場合は、白身を先に硬化させて作ります。お鍋に水を張り火にかけると、外部の白身が先に加熱され、内部の黄身はゆっくり加熱されます。白身は高い温度で、黄身は低い温度で加熱することで半熟卵ができます。

炊飯ジャーを使った温泉卵のレシピ

 簡単な温泉卵の作り方を紹介します。スーパーなどでも、「温泉卵キット」が売られていたりしますが、70℃を30分保温することができることが大事になります。

 温泉卵キットを使った作り方は、温泉卵キッドにも書かれている作り方レシピの指示通りでよいです。プラスチック製キッドなどで、沸騰したお湯をいれて生卵をセットし、保温性のあるふたをして30分放置します。

 ここからが簡単な作り方です。炊飯ジャーを使用します。

 70℃の環境を持続させるものとして、炊飯ジャーがあります。

 生卵が浸るくらいまで水を入れ、保温にします。そのまま40分くらい経ったら卵を取り出し、水に浸して殻をむくとできあがりです。作り方、というほどでもないくらい簡単ですよね!

 白身と黄身の硬化する温度を利用した、とても難しそうなワザですが、作業自体は非常に楽です。

温泉卵トップへ

伊東家の食卓より、簡単温泉卵の作り方

 参考ページ
 簡単 温泉卵の作り方

 「伊東家の食卓」で紹介された裏技もご紹介します。簡単な作り方です。卵を凍らせるところがポイントです。

 1.冷凍庫にあらかじめいれて凍らせておいた凍った生卵を用意します。

 2.アルミ鍋でお湯を沸騰させます。お湯の量は、卵が1個のときは、1リットル、2個のときは、1.2 リットル、3個のときは、1.8 リットル、4個のときは、2リットルです。

 3.お湯が沸騰したら火を止めて@の凍った生卵を入れ、鍋にふたをします。

 4.20分間放置後にすぐ冷水で十分に冷やします。

以上が簡単温泉卵の作り方です。

温泉卵トップへ

召し上がり方

 小鉢に入れて出汁をかける食べ方が一般的です。出汁に醤油をくわえてもおいしいです。

 また、温泉地では、塩をつけていただくシンプルな食べ方がおいしいと思います。お出かけの車の中で、塩をつけていただく、なんともいえない味わいではないでしょうか。

いろいろな温泉卵

 ところで、温泉地で売られている「温泉卵」には、半熟ではないものが結構あります。また、硫黄泉などでつくられたものは、殻が真っ黒であったりします。
 初めて真っ黒の温泉卵を見たときはびっくりしました。はじめはこんなものが食べられるのか、体に害はないのかな、と不安になりましたが、真っ黒い卵にはなぜか食欲をそそられます(笑)。

 箱根の大涌谷や秋田の後生掛(ごしょがけ)温泉の温泉卵は真っ黒です。これは、お湯の成分と卵の殻が反応して黒くなったもので、観光客などに人気の名物です。

 あるとき私は、この黒い温泉卵を家に持ち帰り、食べずに冷蔵庫にいれていました。すると次の日、黒が消えて白くなってしまったんです。不思議でしかたがなく、後日もう一度試しました。そしたらやっぱり白くなりました。はじめは家族の誰かがすり替えたのかと疑いましたがその疑いが晴れました(笑)。不思議がいっぱいです。

 また、好奇心から、殻が黒い卵を作ろうと、ある酸性の温泉のお湯を汲んできて、それを鍋にかけゆでてみたことがありました。結果は・・・やはり黒くなりませんでした。

 味はおいしいものでしたが(笑)。ちゃんと、なべは傷んでは困るので、古い物を使いました。ただ、成分の強いお湯などは火にかけることや卵を作ることで注意が必要かもしれませんので、興味をもたれてもあまりまねはしないでください。

 私の主観かもしれませんが、温泉地によって温泉卵の味が違うようにも思います。箱根の大涌谷などで売っているような黒い温泉卵の作り方をご存知の方は、よかったら掲示板で教えていただけたら、と思います。

東北温泉情報なびTOP

ふろパパの読み物

温泉読み物〜初級編〜
温泉読み物〜中級編〜
温泉読み物〜上級編〜
温泉読み物〜場外編〜

ふろパパって?

リンク集

掲示板

愛用機紹介!

↓サイト内の検索はこちらから↓

〜青森県〜

〜秋田県〜

〜岩手県〜

〜宮城県〜

〜山形県〜

〜福島県〜

〜群馬県〜

〜埼玉県〜


TOPページ

温泉読み物〜初級編〜【日帰り温泉】【源泉にこだわる】【温泉の泉質】【温泉の効能

温泉読み物〜中級編〜【湯治】【温泉宿】【温泉宿泊予約のコツ】【温泉の浴衣

温泉読み物〜上級編〜【絶景の温泉】【秘湯めぐり】【美人の湯】【野湯

温泉読み物〜場外編〜【銭湯と温泉】【スーパー銭湯】【温泉卵】【岩盤浴】【眠気を覚ます】【温泉ランキング】【カーナビと温泉

Copyright (C) 東北温泉情報なび  All Rights Reserved